-

ショップにおいて決済する場合、もれなく体験があると察しますがレジの担当者が理解していないことでどちらのレシートをお客様へ渡すのか迷っている時があるはずです。というのも、クレカを使うとマシン3枚1組のレシートが出力されるからでしてこれらのどの紙を客へ差し出すのか迷うというものだ。数枚の紙の説明》それではこの複数の明細の解説とはいかなるものかというのは、下記の通り。1お客さんへ渡す用の明細レシート。2店舗で保管するレシート。3カード会社控え用のレシート(署名する明細)。通常であればあたりまえのように客に対して渡すべき使用明細の方を渡されるのですが、稀に、違う利用レシートを客の方へ勘違いして渡してしまったという場合であったり記名をした方の利用レシート自体を渡すというなどという大きなミスすら見受けられる。これはバイトの担当者などや、普段カードというものが使われないお店にてクレカを使おうとするとこのような担当者の困った姿が垣間見れるでしょう。仮に従業員が誤った使用レシートを渡した場合は冷静に「こちらじゃありませんよ」などと正してみてはいかがでしょうか。

Category

リンク