-

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを取引して利ざやを狙う商品です。取引の価格は、二十四時間変動しています。これがマーケットです。インターネットを見ていると通貨の為替レートのニュースが流れます。たとえば、「現在のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを言い表しています。言い換えると、トレードには買値と売値の2つの値段があるという事です。売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引業者もあります。普段は売値の方が安くなるものです。私達が買うときには高く、売るときには安くなるものです。この差分をスプレッドといいFX会社の稼ぎとされています。スプレッド幅は取引会社によって変化します。スプレッドの広さはみなさんにとって費用になるので小さい取引会社を選んだほうが有利です。ただし、同じFX業者でも場面によってスプレッド幅は変動します。仮定としていつもはドルと円のペアでたった1銭のスプレッド幅だったとしても為替相場の動きがかなり激しい状態では大きくなったりします。そのため、スプレッドが狭いのと合わせて変化しないということが大切です。この頃では固定したスプレッドの差を見せるFX会社も多くあります。現実にFX業者の取引画面で現実の市場をチェックしなければ見分けられないので億劫ですが必要な事です。貴重な財産を投資してエントリーをするのだから、本当のトレードの前に興味を持ったFX業者の新規取引口座開設をいくつもして提示されているスプレッドの狭さを確認しましょう。同じ外貨でもそのタイミングの為替相場の変動率によって、外貨のスプレッドの幅は変化します。いつもはインターバンクで取引高が多い外貨ではスプレッド幅が狭く、その他の外貨ではスプレッドの差が広がる事が多いです。

Category

リンク